VPSのご契約が終わり、いよいよ自動売買ツールを動かすべく導入作業をしていきます!!

 

1、VPSにログインする

まず、ABLE NETから下記のようなログイン情報メールが届いていますので、確認しましょう。

 

【 WindowsServer設定情報 】
WindowsServerにログインする際やリモート接続する際に必要な情報です。

コンピュータ             111.11.111.11
ユーザー名               Administrator
初期パスワード           aaAaaaA

初期OS                   WindowsServer2012R2

 

コンピュータと書かれているところがいわゆるIPアドレスです。

VPSへのログインは、Windowsの検索窓(パソコン画面の左下)からアプリを探します。

 

ここですね!

ここに「リモートデスクトップ」と打ち込むと、リモートデスクトップアプリが出てきます。

 

 

これを開くとこんな接続画面が出ます。

ここには先ほどのコンピュータ(IPアドレス)の番号を入れましょう。

間違えやすいので必ずコピー&ペーストで!

 

ユーザー名(Administrator)、初期パスワードを入力します。

すると警告がでますのでそのまま「はい」を選択すると接続完了しますが、

このコンピューターへの接続についで今後確認しないにチェックをいれることで今後この表示はでなくなります。

面倒な場合はチェックをいれておきましょう。

これでVPSにログインされるはずです!

 

2、VPSにMT4をダウンロードする

実はこのままインターネットをVPS上で開くと、セキュリティがかかっていてMT4をダウンロードできません。

セキュリティ設定を変える方法もあるのですが、難しいという声が多かったので一番簡単なやり方をお伝えいたします。

 

一旦VPSは開いたままにしてご自身のパソコン画面に戻りましょう。

VPSの一番上真ん中にカーソルを合わせると下記のような青いタブが出てきます。

ここの最小化(赤い○部分)をクリックしましょう。

 

ご自身のパソコン画面上で、FX会社のページに飛び、MT4をダウンロードします。

証券会社ごとにMT4は異なります。

必ず、今回作成していただいた口座の証券会社MT4をダウンロードください。

XMのMT4はこちら

上記のリンクからアクセスし、ダウンロードをクリックしてください。

 

ご自身のパソコン画面上に下記のアイコンが現れるはずです。

(または、ダウンロードフォルダに入っています)

上記をコピーした後、VPSの画面上に戻り、貼り付けます。

 

VPSの画面上で、このアイコンをダブルクリックして開きます。

 

次へを押せばインストール開始。

しばらくするとインストールが終わって、完了というボタンが出ますので、それをクリックしてください。

しばらく待つとMT4が勝手に開きます。

↑まずこの画面が出ます。

ご自身のサーバーを探して選択したあと、次へボタンをクリックしてください。

 

こちらに、ご自身の口座情報を入れてください。

・ログイン:口座開設時にメールで届いた数字7桁or数字8桁です。
・パスワード:口座開設時に作成した任意のパスワードです。
・サーバー:口座開設時にメールに記載されている「XMTrading-Real○○数字」です。

 

入力するときの注意事項

※パスワードは一文字必ず大文字になります。

※サーバー名はFX会社から口座開設時にメールで届いています。
手打ちで入力するとエラーになります。
必ずプルダウンで選択してください。

※サーバー名がないこともあります。その場合は以下のページを参考にして情報を更新してください。

サーバー名がない場合の更新方法

 

 

3、MT4にEAを入れていこう

お渡ししたEAファイルをPCにダウンロードし、コピーしてVPSの画面デスクトップに貼り付けてください。

※ファイル名はEAによって異なります。

 

MT4に戻り、左上の「ファイル」をクリックしてください。

ファイル→データフォルダを開く→MQL4→Expertsの順番にフォルダをひらいていってください。

Expertsを開いたら、先ほどVPSのデスクトップ上にコピーしたEAファイルを、このフォルダに貼り付けます。

これでMT4にEAが入りました。

 

 

これだけでは反映されませんので、一度MT4ソフトを終了して再起動してください。
(VPSの再起動ではなく、MT4の再起動ですので間違えないように!)

MT4の再起動後、ナビゲーターのエキスパートアドバイザーのところにEAのファイル名が出てきているはずです。

 

チャートの設定

次はチャートの設定です。

初期で表示されているチャートはすべて消してください。

新規で表示させないと、まれに自動売買がちゃんと動いていない場合があります。

チャートを一旦すべて消す作業は必ず行ってください。

画像赤〇の部分をクリックして消してください。

 

次に新規チャートを開きます。

左上のファイル→新規チャートから表示させたい通貨ペアを選びます。

 

チャートは運営サポートよりお伝えした通貨ペア、時間足のチャートを表示させてください。

※この部分を間違えると取引がおかしくなりますので、運営サポートから伝えられていない場合は必ず聞いてください。

 

例では、USDJPYの1分足を出します。

MT4に、USDJPYのチャートが表示されます。

 

M1を押して、1分足に設定します。

 

チャートを表示させたら、先ほどのナビゲーターのEAファイル名を左クリックしたまま離さずに、そのままチャートの上まで引っ張っていきます。(要はドラッグです)

 

 

そうするとこのような画面になります。

画像を参考に、全く同じようにチェックを入れてください。

ここを間違えると自動売買が作動しません。

虎徹の場合は、18チャートすべてにEAを設置し、9チャートはOnly Long、9チャートはOnly Shortに変更します。

完了したら、OKを押します。

 

最後に自動売買ボタンをクリックして完了です。

虎徹の場合は、18チャートを表示させ、全てにEAを挿入するので、下記のような状態になります。

 

尚、今後自動売買をON、OFFするときはこの自動売買ボタンをクリックしてください。

 

さて、最終チェックです。

自動売買がきちんと行われていれば

チャート内右上に表示されているニコちゃんマークはこのように笑っています。

ニコちゃんマークが怒っているようであれば、なにか設定が違います。

このマニュアルを最初からやり直してみてください。

 

 

これで自動売買が開始されます!!お疲れさまでした!

 

さて、最後まで気を抜かないでくださいね。

ここでVPSを閉じるときにMT4の×を押してしまうと自動売買が止まってしまいますよ!!

 

必ずMT4は立ち上げたまま、下記赤○の部分、VPS上部の青いタブの×を押して終了してくださいね!!

お疲れさまでした!

 

きちんと設置されたか不安な方へ

初めてEAの設置をされた方は、うまく設定できたのかどうか、不安が残ると思います。

そんなときは、EAサポートにご連絡ください。

EAサポートLINEに、VPS情報(パスワード含む)をお知らせいただければ、VPSにログインして、設置がきちんとされたかどうかを確認いたします。

もし、設定が間違っていると、思わぬ含み損を抱えてしまうことがあります。

不安な方は、自動売買ボタンをオンにする前に、一度お問い合わせくださいね!

おすすめの記事